生産性向上

こんなに差がつく!転職活動で人事に「仕事ができる」と思われる面接の調整ワザ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

案内する男性

転職活動で意外と多いのが、面接日程が業務時間とバッティングしてしまったり、複数社に応募している場合は他社との面接日程が難しかったりすること。

応募する企業の人事担当者に対して、「調整して下さい」ってなかなか言いにくいものですよね。

「せっかく調整してもらったのに断るのは申し訳ないけど、仕事は抜けられないし。。。」
という悩みは多くの人が経験しているのではないでしょうか。

そこで今回は、人事に良い印象を与える面接調整のテクニックをご紹介します!

具体的に、転職活動がうまくいっていないAさんと、うまくいっているBさんの調整メールの事例を使って確認してみましょう。

上手くいっていないAさんの例

・28歳 独身
・現職は大手食品メーカーの営業職
・転職希望先は、急成長中のベンチャーIT企業
・現在3社の面談を同時進行中

(担当者名)様

お世話になっております。「(サイト名)」から応募させて頂いたAです。

早速面談日程のご調整を頂き有難うございました。
ご提案頂いた日程ですが、業務の予定が入っており参加することが難しい状況です。

お忙しい中大変恐縮ですが、別日程でご調整頂けませんでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

上手くいっているBさんの例

・30歳 独身
・現職は中堅家電メーカーの営業職
・転職希望先は、急成長中のベンチャーIT企業
・すでに1社内定をもらっており、最終面接中が1社

(担当者名)様

お世話になっております。「(サイト名)」から応募させて頂いたBです。

早速面談日程のご調整を頂き有難うございました。
私の都合で大変申し訳ないのですが、どうしても外せない業務予定が入っており、参加することが難しい状況です。

もし機会を頂けるのであれば、別日程で再度面談を設定して頂けませんでしょうか?
誠に勝手ながらでございますが、私が都合を合わせられる日時は下記の通りでございます。
下記日時よりご調整頂けますと大変ありがたいです。

——————–
2/6(木) 19:00-20:00
2/7(金) 18:00-19:00
2/11(火) 19:00-21:00
2/13(木) 19:00-21:00
——————–

お手数をおかけし大変恐縮ですが、ご検討いただけますよう何卒よろしくお願い致します。

いかがでしょう?

ご自身が人事担当者だった場合、どちらが「仕事ができそう」と感じましたか?

この2人の違いを整理すると、3つのポイントが見えてきます。

仕事が出来ると思わせる3つのポイント

1.担当者はこれから一緒に働くパートナーという意識

2.熱意と誠意

3.次の日程をこちらから提案する気遣い

上記のポイントについて、具体的に解説をさせていただきます。

1.担当者はこれから一緒に働くパートナーという意識

Aさんのメールは、相手に対する気遣いが全く見られません。
言葉尻だけのうわべの気遣いは文面から伝わります。

面接担当者は、あなたが会社になじめるか?力を発揮できるか?チームプレーができるか?という部分を見ています。

「こんな人と一緒に働きたい!」と感じてもらえるよう気をつけた方がいいでしょう。

2.熱意と誠意

「どうしても調整して行きたい!」というが感じられるかどうかは重要なポイントです。

どんな企業も、熱意のある人をまずは採用したいと考えています。
面接担当者に「こんな人と働きたいな」と感じてもらえるよう、熱意と誠意をもって接しましょう。

3.次の日程をこちらから提案する気遣い

1.とつながるのですが、相手が調整してくれた日時をこちらから提示するのが相手に対する気遣いです。

これはビジネスの世界でも同じはず。
相手にお願いをする時は、こちらから先回りしてアクションを起こしましょう。

最後に

人事も人間ですから、入社したいという熱意と、相手に対する誠意で心が動くものです。

交渉や調整ではなく、これから一緒に働く仲間だという気持ちのもと、気遣いのコミュニケーションで向ってみてはいかがでしょうか?

そんなことが簡単にできるCu-hackerはこちら。

lovers-side02


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*