生産性向上

もはや知らなきゃ損!無料で使えるメール配信サービスmailchimp(メールチンプ)がスゴい理由


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.mailchimpTOP

シゴトを効率化するための使える情報をお届けする「シゴトLOVERS」。

今回ご紹介するのは、非常に便利なメール配信ツールの「MailChimp (メールチンプ)」について。

クラウドベースのサービスが普及する現在、従来よりも安価に利用できる便利ツールが多く登場しているが、コレははっきり言って神サービスの領域であると断言できる。

実際に我々Cu-HackerでもMailChimpを利用してメールマガジンの配信を行っているが、その便利さからもはや手放せないほど。このツールを利用することで、大幅にコストとリソースを削減できるからだ。

MailChimpがスゴい理由

MailChimpとは、ウェブブラウザ上で簡単にメルマガ等の配信や管理、分析ができる海外のメール配信プラットフォームである。その特徴を以下にまとめると、


  1. ドラッグ&ドロップで簡単にHTMLメールが作成できる!

  2. 配信後の分析ツールが優秀!

  3. A/Bテストの実施も可能!

  4. なのに無料!(2,000メールアドレス、月に12,000通まで)

というように、便利で多機能なのに無料でも使えてしまうサービスなのである。

上記で説明したMailChimpの特徴について以下に詳しくまとめたので、ぜひ参考にして頂きたい。

1.簡単にHTMLメールが作成できる

まずはHTMLメールの作成について。
MailChimpは技術的な知識が無い方でも、まったく問題なく直感的にテンプレートを編集することができるスグレモノである。

下の図にある「Email Designer」という便利機能を使えば簡単に作成が可能だ。

mailchimp−TemplateSelect

「Email Designer」をクリック後、テンプレートの作成画面へ移動し、HTMLメールのレイアウトを選択する。
1カラム型や2カラム型など複数のパターンから希望のレイアウトを選ぶことが可能。

mailchimp_TypeSelect

テンプレートの選択後、右側に表示される「テキスト」や「イメージ」などの項目をドラッグ&ドロップで左側の編集エリアに移動する。必要な画像をアップロードしたり、テキストを直接入力するだけで簡単にHTMLメールが出来てしまう。

mailchimp_make

もちろん背景の色やフォントなど、細部のデザインも柔軟に指定することができるため、サービスのイメージに沿ったHTMLメールのデザインに仕上げることができる。

最初は作成に時間がかかるかもしれないが、慣れてしまえば30分足らずでオリジナルのメールテンプレートを思い通りに作成することが可能だ。

分析ツール

メールのデザインを簡単に作成することが出来るだけで無く、作成したメールの効果測定が可能な点もMailChimpの大きな特徴である。

基本的にはダッシュボードから、これまでに配信した内容(キャンペーン)ごとの配信数や開封率、クリック率を一覧で確認することができる。
mailchimp-Champaigns

また、左側の「Reports」を選択すると、キャンペーンの効果がグラフで表示されるため、どの内容が効果的だったかを一目で把握することが可能。

mailchimp_Report

もちろんキャンペーンごとの詳細なデータも確認することができる。

mailchimp_Report_detail1

時間帯別の推移や、発行したURLのうちどのリンクがどれだけクリックされたかという点も表示されるのに加え、どのメールアドレスから何回クリックされたかについても確認可能なため、次の配信内容を検討する上で非常に使えるデータとなっている。

mailchimp_Report_detail2

A/Bテストの実施

MailChimpで出来ることの一つに、A/Bテスト配信の設定機能がある。

具体的には、全配信対象のうち部分的に複数の内容をテスト配信し、その実績をもって残りの対象に効果の高いキャンペーン内容を自動で配信してくれるという非常に便利な機能を指す。

キャンペーンを作成後、配信タイプの選択によってA/Bテスト配信設定が可能になるが、まずA/Bテストを配信対象のうち何%に送信するかを決定する。(下の画像参照)

mailchimp_ABtest

例として、全体の配信対象のうち20%をA/Bテスト配信として利用するという設定を行ったのが上の図である。

20%分に対しては2パターンの配信を行い、効果の高い内容が残りの80%で自動的に配信されるようになる。

尚、設定する条件としては、メールの開封率およびリンクのクリック率が基本となっている。

またA/Bテストの他にも、ステップメールの配信など便利な機能が複数揃っており、効果を高めるための様々な施策が出来る点が優れている。

最後に

これまで説明したきた通り、MailChimpはただのHTMLメール作成サービスでは無く、効果を最大化させるためのメール配信プラットフォームと呼ぶことができるだろう。作成から配信、効果測定といった一連のPDCAサイクルがMailChimp上だけで実現できるという総合力こそが、このサービスの非常に素晴らしい点であると言える。

そして、何と言ってもこれだけの機能が無料で利用できるという点が最大の特徴だろう。

無料で配信できるのは、2,000メールアドレス/月に12,000通までという制限があるが、有料プランについても月額10ドルから240ドルまで複数のプランが提供されているため、利用状況に応じて最適な内容を選択することが可能である。

日本語対応がされていないため、少々とっつきにくい印象はあるが、操作方法さえ覚えてしまえば英語が分からなくても難なく利用できると思われる。スタートアップや中小企業におけるメールマーケティングの導入ツールとして、利用してみてはいかがだろうか。

(編集・執筆:サムライト)

このブログは「アポイント調整を10倍早くするCu-hacker」が運営しています

スケジュール調整のイライラを解消!
Googleカレンダーと完全同期の
Cu-hacker
面倒な調整の時間を一気に節約できます!
ぜひ試してみてください。(使い方はこちら

bnr_740_100_2

ぜひソーシャルで記事を共有してください!


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*