ビジネスハック

スケジュール調整の悩みは万国共通?世界5か国のサービスを徹底調査!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界のスケジュールサービス5選トップ画像

多くのビジネスマンの時間を奪う憎きタスク

「スケジュール調整」

ところで、この悩みに世界のビジネスマンはどんな風に向き合っているのでしょうか?
今回、アメリカ、スイス、フィンランド、イギリス(ついでに日本も)と5か国5種類スケジュール調整サービスを調査しました。

1.会議の度に資料を探す無駄を省ける Meetin.gs

Meetin.gsサンプル画像

最初に紹介するMeetin.gs、こちらはフィンランドのスケジュール調整サービスです。

Googleカレンダーとの同期など基本的なスケジュール調整サービスとしての機能を備えていますが、このサービスの真骨頂はそれらに加え資料共有ができること。マイクロソフトオフィス(ワード、エクセル、パワーポイント)やGoogleドライブのファイル共有ができます。

このサービスを使えばミーティングの度に
「この前送ってもらったあの資料が見つからない!?」
となることを防いで貴重な時間をロスすることがなくなります。

毎回大量の資料が必要な方におススメなサービスです。確かにスケジュール調整だけでなく、スケジュールの中身で必要な時間を短縮してくれるのもありがたい!早速便利な機能が登場です。

2.Googleカレンダーを使って独自の時間予約フォームが作れる YouCanBook.Me

YouCanBook.Meサンプル画像

こちらイギリスのYouCanBook.MeはB to C向けのスケジュール調整サービス。Googleカレンダーからお店の予約フォームを簡単に作成することができ、デザインもカスタマイズすることができます。

使い方は簡単。まずは予約できる日時を設定します。その後はお店を予約する様に空いている時間を「予約」してもらうだけ。予約された時間は同期しているGoogleカレンダーに予定として登録されます。
一度に予約可能な人数を変更すればグループミーティングも可能。1回の時間、準備時間なども含めて管理もできます。また、パスワードを設定する事で予約可能な人を制限できたりしますので、ビジネスミーティングの場面などでも使えます。
さらに、アップグレードすると複数人で共同管理できるようになります。ちなみに、有料版は非営利団体向けの割引サービスがあるのも特徴です。まさに「ゆりかごから墓場まで」の国イギリスですね。
ビジネスマン向け?と最初は思いましたがかなりフォームをカスタマイズできるようなので工夫次第で化けそうなサービスです。

3.全ての動作がメールソフト内で完結しているサービス Assistant.to

Assistant.toサンプル画像

アメリカ、サンフランシスコの会社が提供しているAssistant.toは少し変わったスケジュール調整サービスです。

その特徴はズバリ

「1対1専用」

現段階ではグループでのMTGに対応していない1対1のアポ調整専用と尖ったコンセプトのサービスになります。

使い方もシンプルです。
全ての動作がメールのテキスト上で完結できるように設計されています。
まずは自分のカレンダーの空いている時間をいくつか選択し、相手にメールするだけ。相手が選択した日時が自動で両者のカレンダーに登録されます。
自分が使う場合はGoogleカレンダーが必要ですが相手はOutlookなどでも大丈夫な点が色んな相手と会う時にうれしい機能です。
便利さとは少し離れますが、スケジュール調整なんて1対1でやればいい。という割り切りの良さが光るサービスです。
※グループ管理については現在開発中の様です

4.自動リマインドで参加者に優しいスケジュール調整サービスEasy scheduling | Doodle

Easy scheduling | Doodleサンプル画像

スイスのEasy scheduling | Doodleはとてもシンプルな画面でスケジュール調整ができるサービスです。
基本的な使い方は主催者が設定した日時に対して参加の可否をメンバーが入力するだけ

無料版の機能は限定的ですが、プレミアム版にアップグレードすると参加者に向けて自動でリマインド連絡をすることができたり、参加表明をし忘れている人を一目で見つけることができたりします。

また、特定の相手に対してだけ自分の空いている時間を知らせることができ、仕事とプライベートの両面で使うことができるのもうれしい点です。
こちらもYouCanBook.Meの様に有料版は教育機関を対象に割引に応じるなど社会福祉色のあるサービスです。

一見すると画面は日本の調整さん辺りと似ています。しかしこれの真骨頂は管理する側、自動で参加者にリマインド連絡をしてくれるように設定できる点です。これは大幅な時間短縮につながります。
※自動でリマインド連絡ができるのは有料プランになります

5.空き時間を管理してアポ調整を簡単にするCu-hacker

Cu-hackerサンプル画像


最後に紹介するのは日本のCu-hackerです。
今回紹介する中では、当たり前ですが、唯一の日本語に対応しているサービスです。
※英語版もあります

Cu-hackerのカレンダーから空いている日時を選択するとURLが表示されます。
それをメールなどに添付して相手に送信、相手は都合のいい日時をクリックするだけでスケジュール調整ができる簡単なサービスです。
URLはテキストで表示されるのでFacebookのメッセージや様々なメッセンジャーサービスで利用できます。
メッセージを送信した時点で自分のカレンダーにはスケジュールの仮予約をすることができるのが嬉しい機能、ブッキングも防止できます。

ツールの同期設定がGoogleカレンダーだけで済むので簡単に始められるのが嬉しい点です。

調べてみてわかったこと

調査の結果、世界には実に様々なスケジュール調整サービスがあることがわかりました。
また、最後に紹介した日本のCu-hackerが他の4か国のサービスと似ている機能を持っている事からスケジュール管理の悩みは日本だけでないことがわかりました。

そして最後に、わかったことがもう一つあります。
確かに世界には素晴らしいサービスが沢山あります。ですがこれらの機能を100%活かすためにはまず、自分の解決しなければならない課題が何なのか知ることが大切だという事です。

敵に勝つにはまず己を知ることから!

まずは自身のタスクの問題点を洗い出すことから始めてみましょう!

(編集・執筆:サムライト

このブログは「アポイント調整を10倍早くするCu-hacker」が運営しています

お誘いの日程返信が一瞬で出来る!
Googleカレンダーと完全同期のCu-hacker
面倒な調整の時間を一気に節約できます!ぜひ試してみてください。(使い方はこちら
bnr_740_100_2

ぜひソーシャルで記事を共有してください!

【New!】
▼ スケジュール調整を10倍速くする「Cu-hacker」のiPhoneアプリがリリースされました!
タップして送るだけの簡単操作。スキマ時間にサッとスケジュール調整が可能に!
cu-hacker_ios

Googleカレンダー、Facebook、LINEとも連携されるので、スマホでのスケジュール調整がさらにスピーディーに。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*