リサーチ

いま社内で話題のアプリ『Workflow』を調べてみた


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TopWorkflow

今回は、今弊社(株式会社ジェネストリーム)エンジニアのなかで話題になっているアプリを紹介しようと思います。2014年12月11日に登場した『Workflow』を皆さんご存知でしょうか?忙しいビジネスマン、面倒な手間を省きたい人は必見のアプリです。

神アプリ」とも言われるこのアプリ、一体どうスゴイのでしょうか。

『Workflow』とは・・・?

Workflow』はiPhoneの複数の操作を自分の好きなように組み合わせてその一連の操作を自動化できるアプリ。Mac の『Automator』のiPhone版と考えると分かりやすいかと思います。このアプリを使えば、今まで時間をかけていた作業が自動化されるため、忙しい方にはとてもオススメです。

では早速使い方を見てみましょう。

使い方

まず画面右上の+をタップします。

Workflow

次に、「Action」をタップして一覧表示された中から自動化したい操作を選択します。選択した操作を長押しして右にドラッグすると、ワークフローのなかに組み込むことがでいます。こうして、自分オリジナルのワークフローを作ることができるのです。

では次に、実際に使ってみるとどうなるのか、見てみましょう。

実際につかってみた

今回は「写真を撮る→Facebookでシェア」というよく使う一連の流れを自動化してみようと思います。

先程説明したように、「Action」ボタンを押してカメラ・Facebookシェアを選択し、ワークフローを作ります。


これで完成です。簡単に出来てしまいましたが本当に自動化されているのでしょうか?確認してみましょう。

まず、Workflowを起動させて、先程作成したワークフローを選択します。先程と同じ画面が現れるので上部の▷ボタンをタップします。


すると、カメラが起動するのでいつもと同じよう写真を撮影します。


この写真で良ければ右下の「Use Photo」をタップします。今度は自動的にFacebookのシェアページに移行します。


写真に添えたい文章があれば、写真横の枠の部分に書き込んで、完成したら投稿ボタンをタップします。本来であれば、カメラを起動させて写真撮影、次にFacebookを起動させてフォトフォルダから写真を選択てアップロード、という作業をこんなに簡単に済ますことができてしまいました。複数のアプリを開いたり閉じたりしなくても良いところがこのアプリの強みですね。

今回は簡単な2つの動作を自動化しましたが、もちろん3つ以上の動作を自動化することも可能です。この他にも、ブログを投稿したら自動的にFacebookでシェア、撮影したビデオを解像度を変えてアップしDropboxに保存、iTunesで再生中の音楽の歌詞を検索、など様々な「オリジナルレシピ」を作ることが出来ます。

Workflow初心者も安心

しかしWorkflowは全て英語表記のため、最初は少し使いづらく感じるかもしれません。慣れるまではGarallyから、既に出来ているワークフローを使うのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-01-07 17.01.41

Gallaryでは「FEATURED」「 LOCATION」「 PHOTOS」「CALENDAR」「UTILITES」といった風に既存のワークフローが分類されています。
LOCATIONを見てみると例えば、自分の現在地を調べて、それをGoogleMapのURL化し、Messageで送る、というものがあります。

CALENDARを見てみると例えば、Googleカレンダーから自分がこれからする予定を選ぶと、その場所を調べ現在地からのおおよそかかる時間を読み取り知らせてくれる、というものもあります。

Gallaryを見てみると、こんなことまで手間が省けるのか・・・と感じる人も多いかと思うので、チェックしてみてください。

Workflowをさらに活用

よく使うレシピはホーム画面に追加しておくといいでしょう。レシピを選択し右上の歯車ボタンをタップして名前とアイコンを設定、「Add to Home Screen」をタップします。




次にSafariを立ち上げ、下部メニュー中央にあるシェアボタンの「ホーム画面に追加」をタップしします。


確認画面がでてくるので、さらに右上の追加ボタンをタップして完了です。


ホーム画面にアイコンが表示され、タップすることで該当するレシピを即起動することができるようになりました!


このように、よく使うワークフローはホーム画面に追加しておきましょう!

さらにすごいことに、このWorkflowは作成した「オリジナルレシピ」をURLスキームとして外部アプリから起動することもできます。なので、100個以上のアクションが登録可能であり、自分の発想次第で様々なワークフローを作ることができます。

まとめ

今回は、複数の作業を自動化してくれる『Workflow』を紹介しました。
忙しいビジネスマンや、少しでも面倒な手間を省きたい、という人にはぴったりのアプリです。また、慣れてきたら自分オリジナルのワークフローを作るのも楽しくなっていくでしょう。アプリ内には公式ライブラリもあるので、それを見て作り方を学ぶのも良いかもしれません。
今(2015年1月8日時点)ならリリース記念で300円になっているので、この機会に是非お試し下さい!

Workflow

(編集・執筆:サムライト

このブログは「アポイント調整を10倍早くするCu-hacker」が運営しています

お誘いの日程返信が一瞬で出来る!
Googleカレンダーと完全同期のCu-hacker
面倒な調整の時間を一気に節約できます!ぜひ試してみてください。(使い方はこちら
bnr_740_100_2

ぜひソーシャルで記事を共有してください!

【New!】
▼ スケジュール調整を10倍速くする「Cu-hacker」のiPhoneアプリがリリースされました!
タップして送るだけの簡単操作。スキマ時間にサッとスケジュール調整が可能に!
cu-hacker_ios
Googleカレンダー、Facebook、LINEとも連携されるので、スマホでのスケジュール調整がさらにスピーディーに。

【New!】
▼ 「Cu-hacker」のChrome拡張がリリースされました!
Cu-hacker

▼Cu-hacker for サイボウズ Office (on cybozu.com)の3つの機能
1. 空き時間をクリックするだけで調整メールを作成できる「ワンクリックメッセージ作成機能」
2. ダブルブッキングを完全防止できる「仮予定管理機能」
3. 相手が調整を完了してくれたらメールで通知してくれる「調整完了お知らせ機能」
「ビジネスマンの1日を30分増やす」それがCu-hacker for サイボウズ Office (on cybozu.com)です。


Tags:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*